top of page
4871616_m_edited_edited_edited.jpg

Blog

ブログ

機能性塗料とは

塗料の種類とは別に機能性を追加、付属した機能性塗料と呼ばれる塗料があります。

これは樹脂の種類で分けられた【アクリル塗料】【ウレタン塗料】【シリコン塗料】【フッ素塗料】を元に特殊加工や別の物を混ぜたりし、従来の塗料をより良くする為に作られている塗料です。

機能と言っても色々な物があります。ここでは一般的に建物の塗装で使われやすい機能にどのような効果が期待できるのか御説明します。


機能の種類


耐候性

建物を雨風、紫外線など自然現象に対する耐久力です。塗料の耐用年数に大きく影響を与える要素です。


遮熱性

太陽光の熱を反射する効果で、室内の温度上昇を抑える効果があります。建物の場合、屋根

に使用される事が多くあります。


断熱性

熱を伝わりづらくする効果で、外部からの温度の影響を抑えます。夏は室温の上昇を抑え、冬は暖かい温度を逃がさない効果があります。


低汚染性

親水性が高く水と馴染む性質で汚れを雨水で汚れを落とす効果があります。高い親水性で油性汚れを弾く事も期待できます。




このあたりが建物の塗替えで使用される事が多くあります。


また他にも室内に感染防止用で抗菌塗料を使用したり、鉄骨の火災時の熱での変形を防ぐために耐火塗料を使用したり、用途を選びますが耐熱・防虫・防水・防音・防カビ・張り紙防止・蛍光など特別な機能を付与したものが数多くあります。



では、機能性塗料とは具体的にどのような原理でどんな機能を追加しているのか一例をご紹介します。

こちらは近年コストパフォーマンスが良いと人気の機能性塗料で外壁塗装でおすすめの塗料です。


ラジカル制御型塗料

塗料の白系顔料には酸化チタンという成分が含まれており、紫外線にあたるとラジカルと呼ばれる物質を発生させます。その結果、外壁を手で触った時に白い粉のような物が付くチョーキング現象と呼ばれる劣化症状を引き起こします。

ラジカルは塗料に入っている樹脂を分解してしまう為、塗料の劣化を招きます。ラジカル制御型塗料は酸化チタンを保護層で包み、かつ紫外線を抑え込む光安定剤を配合した塗料です。

ラジカル制御型塗料はアクリル塗料やシリコン塗料を元に特殊な成分を配合した物です。

この効果により高い耐久性を実現し、塗料家の寿命を延ばす事が出来ます。耐用年数を大幅に延ばすのに対し費用の増加は少なく済む事などで人気の塗料です。



塗料を選ぶ時には、特別な機能を付与した塗料はそれに応じて金額も当然高くなります。建物の特徴や環境を考慮し目的に合った塗料選びを行う事はとても大切な事となるので、ご家族や専門家とよく相談して今後の住生活がより良いものとなるよう決めていきましょう。

最新記事

すべて表示

外壁塗装の流れとかかる日数

ここでは外壁塗装、屋根塗装をする場合の工事の流れとかかる日数をご説明します。 塗装工事を行うためには、事前準備を含めた工程が必要になります。 工事契約をした後、実際に工事を開始する所から完了しお引渡しとなるまで、どのような進め方をしていくのかお伝えします。 工事の流れ 近隣挨拶                               工事開始前に近隣の住宅に工事の案内をします。工事中は作業で音

外壁塗装の年数と時期

外壁や屋根の塗替えを検討する際に「何年で塗替えするの?」や「何月に塗替えするべき?」と質問を頂く事があります。 塗料は必ず経年劣化するもので、紫外線や熱、風雨などの影響で劣化していき、主な原因となる紫外線が一番当たりやすい建物の南面は劣化が進む速度も早くなる傾向があります。 外壁塗装は皆さん何度も経験があるといった工事ではないので、いつ工事をするのが良いのか疑問に思う事もあるかと思います。 外壁塗

外壁塗装で使う塗料の種類

建物の塗替えを検討している時には、自分好みの色に塗装できるので色々なパターンや色彩を考えてイメージしている方は沢山おられます。 色の選定は建物の外観そのものになりますので、重要な点となりますが同じくらい大事な事は塗料の種類を決める事です。 塗料は多くの種類があり、用途によって適切な塗料選びを行わないと十分な性能を発揮できません。 色や価格、耐久性、低汚染、遮熱・断熱性など機能性も考慮し使用する塗料

Comments


bottom of page